オンライン診療システム

医療者にも患者にも"寄り添う"診療環境を提供

2018年、テレビ電話などによるオンライン診療が、保険診療の対象となりました。
在宅患者さんやその家族にとって、また医師や介護従事者にとっても、
オンライン診療を取り入れていくことは、さまざまな負担の軽減に繋がります。

「リモケア」は、誰もが簡単に扱える高セキュリティのオンライン診療システム。
医師をはじめ、看護師、介護士などが、時間効率を高め、
情報共有によってチーム医療体制を拡充し、ひいては地域医療を継続することを目指しています。

「リモケア」は在宅医療を身近にする、オンライン診療システムです。

医師は診察室から診察。
調整次第で外来診療の合間でも、
診療を行うことが可能です

看護師が端末を持って
患者の自宅に訪問し、
オンライン診療を行います

患者宅に設置した端末に、
直接アクセスして
診療を行うことも可能
※2019年8月サービスイン

他事業者との連携機能で、
患者の申し送り事項などを、
スムーズに共有することもできます
※2019年8月サービスイン

オンライン診療システム リモケアの特長

secure

万全のセキュリティシステム

簡単操作で、高セキュリティを実現

「リモケア」のオンライン診療では、医師、看護師、患者などの全ての利用者が、専用端末からアクセスします。
専用端末の起動には、世界No.1※レベルの顔認証技術を導入、登録者以外は端末を起動することができません。
また、NTTドコモのネットワーク上に「リモケア」専用の閉域環境を構築、加えて、専用サーバーでデータ保守を行うなど、
万全のセキュリティシステムを用意。不正アクセスや紛失・盗難などのリスクにも対策を施しています。
利用者が、特段のセキュリティ知識を持たずとも、高セキュリティが保たれる仕組みを実現しました。
※米国立標準技術研究所(NIST)による動画・静止画 の顔認証性能評価で第1位を獲得したNECの技術を導入

Point!: 顔認証ログイン 専用回線 専用端末 専用サーバー

timely

他社とも円滑な情報共有を実現

端末連携により、オンライン上でチーム医療体制がつくれます

同一事業者間での情報連携はもちろん、必要な手続きを行えば、
他の事業者間の端末をオンラインで繋ぎ、チーム医療体制を組むことが可能。
医師とは異なる事業所の、訪問看護師、介護士、訪問薬剤師などが、
患者の申し送り事項を、時系列でスムーズに情報連携できます。
また、患者宅に設置する端末(2019年8月サービスイン予定)は、事業者間での乗り入れ利用が可能。
地域包括ケアシステムを、オンライン上でも実現することが可能です。

Point!: 他事業者連携機能 患者端末共有機能

詳細は、 sales@remo-care.net まで、お問い合わせください。

オンライン診療専用端末の種類

<
医師用端末

医師用端末

■D30プラン
月間30GB(月間17時間程度通話可能、1回20分/50回診療相当)
※端末レンタル料、システムサービス料、セキュア通信料含む

■D20プラン
月間20GB(月間11時間程度通話可能、1回20分/33回診療相当)
※端末レンタル料、システムサービス料、セキュア通信料含む

※要 初期登録料/1プラン

医療スタッフ用端末

医療スタッフ用端末

■T30プラン
月間30GB(月間17時間程度通話可能、1回20分/50回診療相当)
※端末レンタル料、システムサービス料、セキュア通信料含む

■T20プラン
月間20GB(月間11時間程度通話可能、1回20分/33回診療相当)
※端末レンタル料、システムサービス料、セキュア通信料含む

※要 初期登録料/1プラン

患者用端末

患者用端末

患者宅に設置

【2019年8月 サービスイン予定】
■P10プラン
月間10GB(月間5時間程度通話可能)
※端末レンタル料、システムサービス料、セキュア通信料含む

※要 初期登録料/1プラン

詳細は、 sales@remo-care.net まで、お問い合わせください。

Q&A

Q

保険診療にも利用できますか?

A

保険診療の利用にも適用可能なシステムです。ただし、厚生労働省において、適用のための条件がありますのでご注意ください。
主な算定要件として、対面診療と組み合わせること、3カ月ごとに対面診療を行うこと、最初の6カ月は毎月対面診療を行うこと、オンライン診療は対面診療と同一の医師が行うこと、 緊急時に30分以内で診療を行えること、1カ月あたりのオンライン診療料は1割以下にとどめること、などが求められています。
※リモケアは、厚生労働省「オンライン診療の適切な実施に関する指針」および3省3ガイドライン(「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第5版」、 経済産業省「医療情報を受託管理する情報処理事業者における安全管理ガイドライン」、総務省「クラウドサービス事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン」) に準拠したシステムを提供しています。


Q

電子カルテの機能はありますか?

A

現在は、ありません。しかし、患者さんの診療メモを記録し、事業者内で共有できます。
また、必要な手続きを行えば、他の事業者との端末連携を行えるため、診療メモは事業者間での共有情報としても利用することができます。


Q

リモケアのオンライン診療を行うときには、何が必要ですか?

A

リモケアの専用端末さえあれば、何も必要ありません。
専用端末は通信機能を備えており、電源につなぐか十分に充電してあれば、診療を行うことができます。


Q

使用者に制限はありますか?

A

医師用端末は、医療機関に所属している医師のみの利用となります(お申し込みの際、確認があります)。
医療スタッフ用端末と患者用端末(2019年8月サービスイン)については、医師の責任において利用者を登録することになります。


Q

利用場所に制限はありますか?

A

日本国内であれば、全国どこでもご利用いただけます。海外では利用できません。
ただし、電波状況の悪い場所では利用できないことがあります。目安として、NTTドコモの通信ができる場所であれば、ご利用いただけます。
※リモケアの機器が利用する全ての通信は、NTTドコモのLTE回線を基軸としたリモケア用専用回線を使用しています。
事業所のインターネット回線やWi-Fiなど、その他の通信方法では接続できません。
また、厚生労働省の指針により、特に医師はオンライン診療を行う場所や環境に制限があります。


Q

申し込み手順は、どのようになりますか?

A

まず、事業者所在地などの基本情報をご入力いただき、それを確認させていただきます。
問題がなければ、専用端末のお申し込みとなります。その際は、医師の情報および顔認証用の顔写真を確認させていただきます。
問題がなければ、申し込みの全手順が完了となります。
毎月8日までに申し込みの全手順が完了すると翌月上旬に専用端末をお届けできますが、完了までには数営業日が必要となることがありますため、余裕をもってお申し込みください。


Q

申込み手順の完了後、どのくらいで端末が届きますか?

A

最短で30日、最長60日程度でお手元に届きます。
※毎月9日~翌月8日にお申し込みいただきますと、その翌月の上旬にお手元に届きます。


Q

端末到着後、どのような登録作業が必要ですか?

A

医師用端末には事前にご提出いただいた顔画像が登録されているので、すぐに本人の顔(生体)でログインすることができます。
医療スタッフ用端末は、医師の確認・認証のもと、利用するスタッフ(看護師など)を登録します。
ここまでできれば、オンライン診療を始めることができます。
そのほか、患者情報や、事業者間の情報連携(2019年8月サービスイン予定)などを任意で登録することもできます。


Q

故障したらどうなりますか?

A

故障のご連絡をいただければ、数営業日で代替機に交換いたします。
「リモケア」のオンライン診療用の端末は、レンタルでご提供しているため、故障しても代替機に交換が可能です。
入力したデータはすべて専用サーバーに保全されているため、端末が変わっても引続きご利用いただけます。
※故障理由が、お客様の過失による破損の場合、修理費等がかかります。


Q

利用(申し込み)の前に、もっと詳しく聞きたいことがあります。

A

本サービスの詳しい内容につきましては、sales@remo-care.netまでお問い合わせください。


【リモケア】の代理店を募集しています

「リモケア」を全国の病院、クリニックへご紹介くださる代理店を募集しています。
詳しくは、下記のアドレスまでご連絡ください。

sales@remo-care.net